ニューセラミックス懇話会(NCF)は、産学官の密接な協力体制を基礎に、セラミックスに関する技術向上と普及を行うことを目的として1972年に大阪産業技術研究所(当時:大阪府立工業奨励館)の支援のもと、セラミックス技術交流任意団体としては、全国に先駆けて設立されました。
 NCFは、セラミックスに関わる独自の技術交流活動を展開しています。安価な会費で会員ニーズにマッチした事業を今後も創造していきます。

■ お知らせ

第47回ニューセラミックスセミナーのご案内
テーマ:全固体リチウム二次電池の技術動向 ― 電池構成材料の最新技術 ―

・開催日時:2020年3月3日(火) 10:00~16:45 終了後18:10まで交流会
・開催場所:大阪府立大学 I-site なんば C1+C2+C3
(南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南海線東側の道を南へ約800m、徒歩約12分)
・講演の題目および講師
(1) 無機固体電解質材料を用いた全固体リチウム二次電池の開発
大阪府立大学 学長 辰巳砂 昌弘 氏

(2)100年に一度の大変革を先導する革新電池と材料技術
トヨタ自動車株式会社 先端材料技術部 射場 英紀 氏

(3)ナノコンポジット電解質の開発
パナソニック株式会社 テクノロジーイノベーション本部  相良 暁彦 氏

(4)酸化物系固体電解質を用いた全固体電池
株式会社村田製作所 技術・事業開発本部 中村 孝則 氏

(5)車載電池のグローバル競争激化と今後の展望
名古屋大学 未来社会創造機構/エスペック株式会社 役員室 佐藤 登 氏

(6)高電位正極材料を用いたSMD対応小型全固体電池の開発
FDK株式会社 基盤技術 QA本部  加藤 彰彦 氏

詳細はこちらをご覧下さい。



第240回特別研究会のご案内
・開催日時:2019年12月12日(木) 13:45~18:30
・開催場所:たかつガーデン
(近鉄大阪上本町駅から徒歩約3分、大阪メトロ谷町九丁目駅から徒歩約7分
)
・研究会のテーマ:技術・情報の交流と創造展
・基調講演の題目および講師
(1) ナノを創る、ナノを活かす、ナノで連携
地方独立行政法人大阪産業技術研究所 理事長 中許 昌美 氏

(2)進化し続けるセラミックスへの革新的レーザー加工技術
京都大学名誉教授/京都市成長産業創造センター長/日本セラミックス協会前会長
平尾 一之 氏

・産・学・官 会員によるポスター・製品発表 (20件程度を予定)
・会員交流会

詳細はこちらをご覧下さい。



2015年度版セラミック骨補填材データベースを作成しました
 ニューセラミックス懇話会 バイオ関連セラミックス分科会が作成しているセラミック人工骨(緻密体、多孔体、ペースト、吸収性材料)のデータベースです。1984年から製造・販売されてきたセラミック人工骨の情報が検索できます。2009年版の作成、2012年版の改訂に続き、新しいデータを加えて2015年版としました。
 詳細はこちらをご覧下さい。



ニューセラミックスレターの記事をアップロードしました
ニューセラミックスレターNo.46(2012年8月発行)~No.62(2017年9月発行)に掲載した
巻頭言、フォーラム、連載記事、追悼文のpdfファイルをアップロードしました。
是非、ご覧下さい。